FC2ブログ

~OBLIVION O' BLOG~オブリビオンのブログ

スカイリムとオブリビオンのMOD紹介とか。ネタバレ、ちょっとエロい表現ありますので、ご注意ください!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

SS集6

2009063003.jpg 2009063004.jpg 2009063005.jpg 2009063001.jpg 2009063002.jpg 2009063006.jpg 2009063007.jpg 2009063008.jpg 2009063009.jpg 2009063010.jpg 2009063011.jpg 2009063012.jpg

第8話で、下水道を出たところでSSを撮ったのですが、そのあと、急に霧がかってきて中々怪しげな雰囲気になったので、思わずクリーチャーと戯れさせてみましたw
スポンサーサイト
[PR]

  1. 2009/07/13(月) 01:00:17|
  2. SS集
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:4

第9話「Highwayman」

「うわぁ、凄い眺め!」
亜矢は感嘆の声を上げる。
ウェイノン修道院への山道の途中、生い茂る木々が途切れ、帝都が一望にして見れる場所があった。

2009062001t.jpg

「あれがインペリアルシティね」
「ああ。あの白い塔はこの国のどこからでも見れるんだと。はっ、帝国人の自己顕示欲そのものさ」
剣は忌々しそうに答えた。
「もう、そんなふうに言わないの。素直に凄いって言いなさいよ」
感動に水を差された亜矢はちょっとむくれて言った。

「何か建物があるね」
関所の様なものか、街道を守る砦か。
道を跨ぐようにその建物は立っていた。

2009050602t.jpg

「ここを抜けないとだめ?」
「ああ、修道院まではもうすぐだ」
「OK~♪」

2009050603.jpg 2009050604.jpg

「おい、気をつけろよ、このあたりは・・・」
「うん?」
亜矢が砦を通り過ぎようとしたそのとき、茂みから声が降ってきた。
「金さえ出せば、命までは取らねぇ」

2009050605t.jpg

「え?ええ?」
「追剥山賊がうろうろしているんだがな。要するに目の前の奴がそうだ」
「そ、そんな・・・」
「何ブツブツ言ってやがる。・・・金がねぇなら、その体で払ってもらっても良いぜ?」
獣人の種族、カジートの男は亜矢の体を舐めまわすように見ながら言った。
「やっ・・・いやぁ!」
亜矢は逃げ出そうとした。
「コッ、コラッ!逃げてどうする!」
「む、無理だよう、これ以上、人を殺したくない!」
「馬鹿野郎、いまさら何言ってやがる」
と、その時、恐怖で足がもつれたのか、亜矢は転倒してしまった。
「きゃっ!!」
「何やってるんだ、馬鹿!」
慌てて立ち上がろうとする亜矢へ、カジートの男が斧を振りかざして襲いかかる。

2009062801t.jpg

ガン!と大きな音がした。
とっさに構えた剣と鎧が、斧の刃が体を切り裂くのを防いだが、強い衝撃は亜矢の腕の骨を折り、数メートル先の地面へ吹き飛ばして叩きつけた。
「・・・かっはっ・・・」
少女は強烈な痛みに声にならない悲鳴をあげ、そのまま気を失った。

2009062802t.jpg

「気絶したか。ククッ、まだ寝るには早いぜ?」
カジートの男は舌舐めずりをして亜矢の鎧を剥ぎ取りはじめた。鎧を留めていた紐や金具が、獣人の強い力で引きちぎられて飛ぶ。
ガシャリと音がして、むき出しになった少女の裸身の傍に鎧が落ちた。
ピクリともしない亜矢の腰を持ち上げ、カジートは自分の腰にあてがう。

2009062803t.jpg

「うっくぅぅ!」
野太いものが体を割る痛みに亜矢は意識を取り戻す。
「い・・・やぁ」
悲鳴を上げようとするが、かすれた声しか出ない。
抵抗しようともがいても、全く体が動かなかった。
弛緩したままの体は、打ちつけられる獣の欲望にバラバラに砕かれそうになる。
そして、意識がまた飛んだ。

2009062804.jpg 2009062805.jpg
2009062806.jpg 2009062807a.jpg

気絶したまま、少女は人形の様に犯された。
何度も獣欲を亜矢の中に吐き出したカジートの男は、ようやく体を離した。
「中々良い具合だったぜ、女」
そう言いつつ、亜矢の持ち物を探る。
「お・・・こいつは凄ぇ」
カジートの男が手にしたものは、皇帝から預かったアミュレット・オブ・キングス、王の護符だった。
「こんなにデカイ宝石がついた首飾りなんか見たことねぇ。お前、何者だ?」
意識の戻らない少女に問いかける。
「ふん。まぁ、命までは取らねえ約束だからな」
カジートの男はしみじみと巨大な赤い宝玉を見ながら、そのまま姿を消した。

2009062808t.jpg

~続く~

<<第8話 第10話>>

---------------------------------------------------
使用Mod

xLovers with PK
http://www.4shared.com/dir/14203720/d0974efe/xdarkness_lovers.html

OOOとMMMを入れてしまっている為、クヴァッチ城のクエストがきついらしいので、LV上げの寄り道の口実を作ろうと、アミュレット・オブ・キングスを人の手に渡らせてみましたw
少しオリジナルの展開になる予定です。・・・といっても、何かのModか、サブクエストをこなす話を書いてみたいなぁなどと・・・まだ何も考えていないんですけどね~。

で、今回、ただポーズを取らせてSSを撮ってもよかったのですが、折角素晴らしいModがあるので、わざと負けてHighwaymanに亜矢を犯らせてみました。ククッ。
この「xLovers with PK」は、元々がロシアのModなんですが、それを2chの有志が更に進化(性的な意味でw)させたModとなっています。

「xLovers with PK」のアドオンで「LoversLoser」というのがあります。なんと、女のプレイヤーキャラが、やられると犯られてしまう、ネ申Modなのです!アッヒャッヒャ!ヽ(゚∀゚)ノ
我ら変態紳士はこういうModを待っていたのですよ!!!!1!!!!ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ

・・・ウマレテキテ・・・_| ̄|○・・・スミマセン・・・

っていうか、このModが公開されたのって、少し前の話なので、今更な感じもしますが。
もし、ご存知ないって変態紳士殿は、「紳士の休憩所」のこの辺に詳しい説明がありますので、ご一読を強く勧めます!(・∀・)ノ
  1. 2009/07/03(金) 23:46:47|
  2. TES Sumner's Tales
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:20

カレンダー

06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブログ内検索

最近の記事

カテゴリー

最近の記事

リンク

カウンター

プロフィール

さむな

Author:さむな
頑張れPJ!
Banner
当ブログは映画「The Hobbit」を勝手に応援しております!(・∀・)

Amazon

※Oblivionのパッケージ内容については「エロリビオンをはじめる前に」をご参考にどうぞ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。