FC2ブログ

~OBLIVION O' BLOG~オブリビオンのブログ

スカイリムとオブリビオンのMOD紹介とか。ネタバレ、ちょっとエロい表現ありますので、ご注意ください!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「Script Dragonを入れてみる その1」

2011121301t.jpg

「Creation Kit」のリリースもまだだというのに、結構な数のModが出始めていますね。(`・ω・´)
先が楽しみで楽しみで仕方がない今日この頃のさむなですが、今回は「Script Dragon」という、スクリプト機能の拡張Modを入れてみたいと思います。

Script Dragon
http://skyrim.nexusmods.com/downloads/file.php?id=8221

上のSSは、サンプルとして入っている「weather.asi」を使って撮ったもので、これは「Page Up」と「Page Down」キーを使って好きな天候を呼び出せる機能を持ちます。
特定の機能を持つスクリプトをまとめて、任意のキーに割り当てて簡単に呼び出せるようにしたもの、って感じなのだと思います。

12月14日の時点で、Script Dragonはバージョン1.3.7.0ですが、サンプルで入っているものはこんな感じです。

・horsespawner:「Home」キーを押すと、いつでもどこでも馬を目の前に出現させます。馬が行方不明になるって良く聞くので、これは便利な機能かもしれません。もちろん購入したことがなくても呼び出させます(・∀・)

2011121302.jpg

・undress:アンドレス。その名の通りですw 日本語キーボードであれば、「半角/全角」キーを押してコンソールを呼び出し、脱がしたい対象をクリック。「Delete」キーを押しながら「半角/全角」キーを押してコンソールから抜けると、服を脱がせます。下は実験台のリディアさん。

2011121303.jpg

・・・・・一刻も早くリディアたん美少女化Modが必要です!!!!1!!!!!!!

・weather:前述のスクリプト。「Page Up」と「Page Down」で好きな天候を選べます。

・trainer:作者の練習用のスクリプトのようですw キー割り当ては、「NUM1 - add skills; NUM2 - add perks; NUM3 - increase carry weight; NUM4 - toggles god mode; NUM5 - learn words; NUM6 - add daedric items and some stuff」です。「NUM1」はつまりテンキーの「1」、「NUM2」はテンキーの「2」です。「NUM3」は・・・わかりますよね?w

下手に「NUM1」を押すと大変なことになりますw スキルが全て100になりますので、メニューのスキルを選択すると・・・・

2011121304.jpg

延々とLVアップすることに・・・・('A`)

以上なんですが、色々応用できそうなModで、この「Script Dragon」を使ったModも出てきています。
ちと紹介が長くなりましたが、導入方法を書きたいと思います。

上の方で記載したリンクからファイルをDLするのですが、一つ問題が。
現時点の日本語版Skyrimは独自仕様になっていて、例えば英語版の「TESV.exe」に対してバージョンが異なります。(英語版の1.3.7.0に対して日本語版は1.2.12.0)

そのバージョンにあった「Script Dragon」を使えば、日本語版でもあるいはちゃんと機能するかもしれませんが、試していないのでなんとも言えないです。(;´Д`A ```

一応、1.2.12.0用の「Script Dragon」のリンクも記載しておきます。
http://forums.bethsoft.com/index.php?/topic/1292671-rel-script-dragon

では、導入方法です。ファイルをDLし解凍すると、

2011121403.jpg

こんな風になってます。この中の「bin」フォルダを開くと「dinput8.dll」と「ScriptDragon.dll」があります。

2011121404.jpg

こんな感じです。この2つの「dll」ファイルを「TESV.exe」があるフォルダにコピペします。
そして、同じ場所に「asi」というフォルダを新しく作ります。この「asi」フォルダの中に「bin」フォルダにある残りのファイルをコピペします。

2011121405.jpg 2011121406.jpg

これで完了です。
2つの「dll」ファイルが「Script Dragon」の本体で、残りが特定の機能をもったプラグイン、ってところです。このサンプルがどんな機能を持っているかは前述の通りで、もしこれらの機能が必要でなければ、全てをコピペする必要はありません。気に入ったものだけ入れればOKなんです。(もちろん「Script Dragon」単体では何も機能しませんがw)

これらは、「.asi」と「.ini」の対になっているファイルで構成されていて、「.asi」ファイルがコマンド、「.ini」ファイルがキー割り当て指定になっています。「.ini」ファイルの記述を変えることで割り当てられるキーも買えることができます。

では早速、ゲームを立ち上げ、セーブデータをロードしてみると、

2011121407.jpg

左上にメッセージが流れます。このメッセージが流れなかった場合は、上手く導入できてないと思いますので手順や条件(バージョンなど)を確認して下さい。

以下蛇足ですが、今現時点で私は英語版に日本語のファイルを突っ込んでプレーしてます。2chのスレに上がっていた方法ですが、これなら最新の「TESV.exe」で最新の「Script Dragon」が動きますし、なおかつ日本語でプレーできます。日本語版のイベントリでのクリックの不具合も解消されますしね。(`・ω・´)

以下、2chからまんま転載です。
-----------------------------------------------------------

674 名前:名無しさんの野望 [sage] 投稿日:2011/12/08(木) 09:20:56.31 ID:etx4Gs/X [11/15]
※英語版exeでの日本語化のやり方、自己責任で

1、普通に日本語版ダウンロード、起動確認
2、\Steam\steamapps\common\skyrim\Data\以下の
  Interfaceフォルダ
  Stringsフォルダ
  Skyrim - Misc.bsa
  Skyrim - Voices.bsa
  Skyrim - VoicesExtra.bsa
をバックアップ
3、別途Skyrim - Interface.bsaをバックアップ
4、Steam上で、Skyrimのプロパティから言語を英語に変更、変更したらとりあえず差分ダウンロードもせずにsteam終了させる(英語版のバックアップを持ってなければ差分ダウンロードして英語版にする)
5、steamapps\commonの中のskyrmフォルダ削除して、最初に持ってた英語バックアップのskyrimフォルダぶちこみ(英語版バックアップもってなくて、4で英語版ダウンロードしてたら不要)
6、2でコピーしたファイルを適切な場所に上書き その際、Japaneseって名前がついてるものすべてをEnglishにリネーム(txtのやつも)
7、オブリのBSAunpackerを利用して3のファイルから
   ・fontconfig.txt  ・fonts_jp.swf  ・book.swf
を抜き出してdata内のInterfaceフォルダに入れる
 ※BSA unpackerはここからDL↓
 http://www.tesnexus.com/downloads/file.php?id=3117#content
8、steamを起動 steam経由と、ランチャー直叩き等でそれぞれ起動できるかどうか確認
9、終了、さあmodいれるなり、冒険開始するなり御自由に

*4の時点でバックアップもってなくて、英語版の差分ダウンロードしようとして、steamさんにできませんって言われたら
 できない場合は時間おいてやり直すなり、プリロードからやり直すなりしてがんばってみてください
 どうしてもダメならアンインストールで何もない状態からまずは英語版でダウンロードしてバックアップとってから1からの作業に入ってください。

**音声英語がいい場合は音声ファイルだけ英語版のままにしてください

-----------------------------------------------------------
以上です。貴重な情報ありがとうございます。(`・ω・´)

スポンサーサイト
[PR]

テーマ:The Elder Scrolls V: Skyrim - ジャンル:アダルト

  1. 2011/12/15(木) 00:55:14|
  2. Skyrim: Mod導入
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:22

「メインクエストメモ その2」

2011112802t.jpg

祝、おま国解禁ヽ(〃'▽'〃)ノ☆゜'・:*☆オメデトォ♪









・・・・もう何つーか、色々gdgdですがね。('A`)









そんなこんなで、メインクエストあれこれ、その2です。
前回書いてから多少進みまして、うちのドヴァキン君はLv23になりました。
で、私は運動神経が鈍いので、基本的にアクションものやシューティングは苦手なんです。(´・ω・`)
なのでついつい召喚に手を出してしまいました。やっぱ、味方が多いと助かりますw
あと、「Mysticism」がなくなって「Soul Trap」が「Conjuration」に入ってしまったってのもあるのですが・・・・

気が付くと「Mystic Binding」に「Soul Stealer」で、「魂を吸い取る召喚剣二刀流」などという、今時厨二でも考えないような恐るべき病気にかかっていました。

こんな感じ。(・∀・)

2011112801.jpg

ああ・・・・末期ですなw
カッコいいかどうかはともかく、この「Mystic Binding」の召喚剣がなかなか強くてですね、しかも「Soul Trap」することなく魂が溜まっていくので美味しいです。^q^

ちょっと前までは

2011112803.jpg

こんな感じで戦っていたんですが・・・・どこで道を誤ったのか・・・・つか、ドラゴンの顔が白眼血まみれで怖い((;゚Д゚)ガクガクブルブル

ま、まぁ、最初なので適当に面白そうなのを取ってみるRPとして(言いわけともいうw)基本脳筋で、あとは一通りこなす戦士と賢者が一つになったような、古い時代の人物を目指しているのですが、如何せんプレーしてるのが私なんで、単なる器用貧乏になりそうな悪寒がしてなりません。(´・ω・`)コマッタモノダ・・・
結局、高LVになったときに、何かに秀でてないと苦しい戦いになるかもです。ま、それもまた面白いですけどね~。

ちなみに、「Soul Trap」に走ったのは、Enchantingをやってみたかったのもあるんですが、どうもエンチャントが高Lvになるとマジカコスト0(各装備25%消費減を合わせて)なんてことにもなるそうです。エンチャントと鍛冶スキルの高Lvは俺Tueeee!!するには良いかもしれませんw


さて、前置きが長くなりましたが、本題。メインクエストの続きです。
以下、ネタばれ注意です。





















もう一回、ネタばれ注意。

【6.The Horn of Jurgen Windcaller(創始者の角笛)】
グレイベアードの「Arngeir(アンゲール)」さんから卒業試験を課せられますw
「Morthal(モーサル)」という街の北東にある、「Ustengrav(ウステングラブ)」というダンジョンから「Horn of Jurgen Windcaller(創始者の角笛)」を回収しに行きます。
ダンジョン内の途中の滝のところに、「Word Wall」があり、「Become Etheral」のシャウトを覚えられます。ただし、こういったドラゴン語が書かれた壁で覚えたシャウトは、アンロックする必要があります。
シャウトのアンロックは、ドラゴンを倒してドラゴンソウルを吸収?する必要があり、ドラゴンソウルを手に入れたら、イベントリの「Magic」→「Shouts」→ロックされているシャウトを選んで「R」ボタンを押します。(って書いてるのは、私が最初アンロックの仕方に気付かなかったので(;´Д`A ```)

その後、音がする3つの岩があって、3つの扉が閉まっている場所があります。これは岩に近づくと対応する扉が開く仕組みで、岩から離れると扉が閉まります。なので、前のクエスト「The Way of the Voice」で覚えた「Whirlwind Sprint」で駆け抜ける必要があります。ま、このシャウトを覚える際に練習してますので、すぐわかると思いますが。


【7.A Blade in the Dark(闇に眠る刀剣)】
最初の街、「Riverwood」の宿屋「Sleeping Giant Inn」で「Delphine(デルフィーネ)」に会います。実は彼女は「Blades」の生き残りで、秘密の部屋に案内されて色々話しをします。前作、オブリビオンから200年経っている今作ですが、その間「the Aldmeri Dominion」(後述)と帝国(インペリアル)との戦争が起こっていて、そのどさくさでBladesが粛清された経緯があるそうです。(ついでに、今回9大神ではなく、8大神(The Eight Divines)になってます。終戦協定で「Talos」信仰をAldmeri Dominion側から禁止させられたそうです。なので、帝国内で「Talos」神を信仰していると、処罰されます。Talosはセプティム朝を興したタイバー・セプティムが神格化されたもので、元々彼はノルド人なのでSkyrimでは信仰してる人が多く、反乱が起きているの要因の一つのようです)

Delphineとの会話が終わったら、ドラゴンボーンであることを証明する為、ドラゴン退治に向かうことになります。Alduinがドラゴンを復活させている様子を見られます。全く「What in Oblivion is that!」ですw
ちなみに、Delphineが完全に道を見失ってウロウロすることがあります。(NPCがクエストで長距離を道案内する際は、往々にしてありますねw)
そんな時は、クエストマーカーを頼りに自分で先に進んであげましょう。何と言うか、AIはまだまだ発展途上のようです。(^_^;)


【8.Diplomatic Immunity(外交特権)】
Delphineによると、ドラゴンの復活に「Thalmor(サルモール)」が絡んでいるのではないかとのこと。Thalmorはthe Aldmeri Dominion(アルドメリ自治領)のエルフ(のエージェント)達です。the Aldmeri Dominionは第2紀の830年に成立した「Summerset Isle(サマーセット・アイル)」と「Valenwood(ヴァーレンウッド)」の国々からなる、Altmer(アルトマー=ハイエルフ、Summerset Isle)とBosmer(ボズマー=ウッドエルフ、Valenwood)の自治領(というか同盟?)です。(ちなみに「Aldmeri」自体は神話時代にさかのぼるようです)
なので、「Solitude(ソリチュード)」の街の北、「Thalmor Embassy(サルモール大使館)」で行われるレセプションに潜入するよう命じられます。ま、Bladesの生き残りのDelphineとしては、帝国に入り込んでいるThalmorらが、Blades崩壊の原因が恐らくthe Aldmeri Dominionとの戦争にあるので、悪玉にみえるのかもですね。

で、レセプションに潜入するために、SolitudeでBosmerの「Malborn」に会います。要するにMalbornはThalmorに潜入しているスパイです。彼にThalmor Embassyで活動する際の武器防具を預け、「Katla's Farm」でDelphineにその他の持ち物を預けて、レセプション用の服に着替え潜入します。

そこで、Malbornが売り子をしてるので、彼かウエイトレスから酒を手に入れ、ベンチに座っている「Razelan」に渡して騒動を起こさせます。その隙にMalbornが大使館内部の扉を開けてくれるので、秘密を探って下さい。サルモールのエルフ達と戦闘になると思いますが、倒しつつクエストマーカーの示す方向に進めばOK。脱出したら、Riverwoodの宿屋に戻ってDelphineに渡した持ち物を、チェストから回収して下さい。


【9.A Cornered Rat(追い詰められたネズミ)】
Thalmor Embassyで、Bladesの「Esbern(エスバーン)」が生きている情報を得て、東南の外れの街「Riften(リフテン)」に行くことになります。
Riftenでは盗賊ギルドの「Brynjolf」と会い、Esbernがどこにいるかの情報を得ます。もちろん只では情報をくれません。鍵開けとスニークのシーフ系のスキルが必要になりますが、それほど難しくないと思います。
Esbernと会えたらRiverwoodの宿屋に戻りDelphineと再会させます。


【10.Alduin's Wall(アルドゥインの壁)】
ドラゴンの厄災を払うべく、Alduin's WallがあるSky Haven Templeに向かいます。Alduin's Wallには古代のAlduin襲来が描かれており、何か方策がみつかるのではないか、と。
EsbernとDelphineが道案内するんですが、Sky Haven Templeまでの途中で、結局彼らは迷子になっちゃいました。(;´Д`A ```
自力でクエストマーカーのある場所まで行って問題ないです。



と、今回はこの辺で。
ご参考までにどうぞ(・ω・)ノ

テーマ:The Elder Scrolls V: Skyrim - ジャンル:アダルト

  1. 2011/12/09(金) 16:46:24|
  2. Skyrim: 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

カレンダー

11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログ内検索

最近の記事

カテゴリー

最近の記事

リンク

カウンター

プロフィール

さむな

Author:さむな
頑張れPJ!
Banner
当ブログは映画「The Hobbit」を勝手に応援しております!(・∀・)

Amazon

※Oblivionのパッケージ内容については「エロリビオンをはじめる前に」をご参考にどうぞ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。