FC2ブログ

~OBLIVION O' BLOG~オブリビオンのブログ

スカイリムとオブリビオンのMOD紹介とか。ネタバレ、ちょっとエロい表現ありますので、ご注意ください!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ファイルについてあれこれ

Modで追加されるファイルが何なのかを知っておくと、トラブルを未然に防げたり、トラブルが起こった時に対処方法も見つかりやすいと思います。なので、主なファイルについて簡単に説明をしてみようかと。

・esmファイル
拡張子は「.esm」。ゲームのシナリオ(クエスト)、地形データ、スクリプト、種族情報など、ゲームの情報が入ったファイルです。実際に「The Elder Scrolls IV OBLIVION」のオリジナルのゲームデータは「Oblivion.esm」に入っていて、「Oblivion.exe」がこれを実行するわけです。ファイルが置かれるディレクトリは、デフォルトでゲームをインストールした場合、「C:\Program Files\Bethesda Softworks\Oblivion\Data\」になります。

・espファイル
拡張子は「.esp」。esmファイルと同じようにゲームの情報が入ったファイルです。esmファイルとの違いは、esmファイルがマスターファイルにあたり、espファイルはその差分ファイルになります。つまり、「The Construction Set」で「Oblivion.esm」を改変すると、その改変した差分はこのespファイル形式で保存されます。ファイルが置かれるディレクトリはesmファイルと同じです。

・nifファイル
拡張子は「.nif」。メッシュと呼ばれる3D(3次元)の形状データです。人物や建物、草木、武器・防具等のゲーム内の物体の形をつくっています。例えば武器のModを導入しようとした場合、オリジナルのオブリビオンにない形状の武器であれば、このファイルがModの中にあるはずです。ファイルが置かれるディレクトリは、「C:\Program Files\Bethesda Softworks\Oblivion\Data\meshes」の下層のいずれかのフォルダに置かれることが多いです。

また、キャラクターの頭部を形成するnifファイルは、次の3つの補助的なファイルを持ちます。

・egmファイル:拡張子は「.egm」。頭部のegmファイルは顔かたちに影響します。
・egtファイル:拡張子は「.egt」。頭部のegtファイルは顔色に影響します。
・triファイル:拡張子は「.tri」。頭部のtriファイルは顔の表情に影響します。

この3つのファイルは、同じ名前の頭部のnifファイルと同じフォルダ内に必ず置かれます。
他にも、キャラクターの目や口は単独でnifファイルを持ち、表情に合わせて動くよう、同様にegmファイルやtriファイルを持っています。髪もキャラクターの頭部の形をキャラメイクで変化できるため、頭部にフィットするようegmファイルを持っています。

・ddsファイル
拡張子は「.dds」。いわゆるテクスチャです。テクスチャは、メッシュがつくる形状の表面の画像データで、画像そのものは2D(2次元)です。例えば、キャラクターの体の形状は、もちろん3Dのnifファイルが形作っていますが、肌の色合いなどの表面はこのddsファイルが描画しています。ファイルが置かれるディレクトリは、「C:\Program Files\Bethesda Softworks\Oblivion\Data\Textures\」の下層のいずれかのフォルダに置かれることが多いです。

・ノーマルマップファイル
拡張子はddsファイルと同じ「.dds」。これもテクスチャで、通常、1つのddsファイルに対して、対になった同名のノーマルマップが1つ存在しています。見分け方は「.dds」の前に「_n」等がついているかどうかです。例えば、女の子の体のテクスチャの「FootFemale.dds」には「FootFemale_n.dds」というノーマルマップがあります。ノーマルマップは主にテクスチャの質感等(服の皺とか)を表現します。ファイルが置かれるディレクトリは、対になるddsファイルと同じフォルダ内に必ず置かれます。

・kfファイル
拡張子は「.kf」。キャラクターやクリーチャー等のモーションのファイルです。3Dだからと言って、nifファイルを作ってあげればそれが勝手に動く、というわけではなく、このkfファイルがないとただのオブジェになってしまいます。キャラクターの場合、前に歩く、剣を振る、盾を構える等のkfファイルがそれぞれ存在しています。もちろんキャラクターがHな動きをするにもこのkfファイルが必要ですw

・bsaファイル
拡張子は「.bsa」。これは圧縮されたファイルです。例えば、「C:\Program Files\Bethesda Softworks\Oblivion\Data」フォルダ内にある、「Oblivion - Meshes.bsa」ファイルには、nifファイルやkfファイルが、階層構造を伴って圧縮されています。
インペリアル種族の左目は「EyeLeftHuman.nif」というメッシュになります。が、オリジナルのままではそれを見つけることはできません。なぜならば、この「Oblivion - Meshes.bsa」に圧縮されているからです。Modの「BSA unpacker」等でこのbsaファイルを解凍すると、「meshes\characters\Imperial」のフォルダ内に「EyeLeftHuman.nif」があることが分かります。

・音声、音楽ファイル
オリジナルの音声ファイルは「Oblivion - Voices1.bsa」とOblivion - Voices2.bsa」に圧縮されています。これを解凍すると、例えばインペリアル種族の女性の声は、「Sound\Voice\Oblivion.esm\Imperial\F」に保存されていることが分かります。ファイル形式は「.mp3」です。通常の会話の場合、声に合わせて口が動くようになっているので、同名の「.lip」ファイルがあります。
オリジナルの音楽ファイルは「Oblivion - Sounds.bsa」に圧縮されています。音声、音楽ファイルも、もちろんModで変更、改変することは可能です。

・iniファイル
拡張子は「.ini」。いわゆる設定ファイルです。OSやアプリケーションで良くつかわれてますが、それと同じくオブリビオンのゲームの設定を記述したファイルがデフォルトで「C:\Documents and Settings\ユーザーアカウント名\My Documents\My Games\Oblivion」にある、「oblivion.ini」です。
(詳細はWIKIをご覧ください。また、Win7やVistaだと「C:\Users\ユーザーアカウント名\Documents\My Games\Oblivion」になります)
Modにもiniファイルを持つものがあります。Modの設定をiniファイルで変えられたりします。

・essファイル
拡張子は「.ess」。セーブデータファイルです。OBSEを導入していると、同名の「.obse」ファイルが同時に保存されます。
ファイルの場所は、デフォルトでは「C:\Documents and Settings\ユーザーアカウント名\My Documents\My Games\Oblivion\Saves」(Win7やVistaは「C:\Users\ユーザーアカウント名\Documents\My Games\Oblivion\Saves」)にあります。


・・・・とりま、主なファイルはこんなところでしょうか。ご参考までにどうぞ。
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

  1. 2011/02/24(木) 00:01:03|
  2. Oblivion: Mod導入
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Fus, Ro, Dah!! !! !! | ホーム | Archive Invalidation>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumner.blog79.fc2.com/tb.php/130-f28ef8dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

最近の記事

カテゴリー

最近の記事

リンク

カウンター

プロフィール

さむな

Author:さむな
頑張れPJ!
Banner
当ブログは映画「The Hobbit」を勝手に応援しております!(・∀・)

Amazon

※Oblivionのパッケージ内容については「エロリビオンをはじめる前に」をご参考にどうぞ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。