FC2ブログ

~OBLIVION O' BLOG~オブリビオンのブログ

スカイリムとオブリビオンのMOD紹介とか。ネタバレ、ちょっとエロい表現ありますので、ご注意ください!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

第1話「牢獄」

2008081801.jpg


赤錆びた鉄格子の奥・・・誰のものとも知れぬ骨が転がり、血と体液の饐えついた臭いが漂う石牢の中、少女が幽かにもれる月明かりに白い裸身をさらしていた。

2008081802.jpg 2008081803.jpg 2008081804.jpg

「ん・・・ここは・・・」
記憶が濃い霧がかかったように混濁していた。頭の奥が重く、ズキズキと痛む。
「わたし・・・私は・・・」
朦朧とした意識の中、体中に鈍い痛みを感じた。
少女はようやく思い出す。自分の名前が亜矢だということを、そして、いつの間にか別の世界に紛れ込んでいたことを。

2008081805.jpg 2008081806.jpg 2008081807.jpg

「・・・そうだ私・・・」
意識を失う前、酷い拷問を受けたことを思い出した。
男たちは古代ローマの様な鎧を着て、ここは帝都だと言っていた。そしてお前はスパイだと言っていた。
亜矢は、ただ、お家に帰してと繰り返し泣き叫ぶことしかできなかった。・・・

声が聞こえる。
向かいの牢獄からだ。その罵声は拷問がこれからも続くことを喚いていた。亜矢は耳を塞いだ。
また涙がにじんできたとき、足音が聞こえてきた。大勢いるようだ。亜矢は怯え、身を硬くした。

2008081808.jpg

「この囚人は何をしているのだ?この檻は立ち入り禁止のはずだが」
「見張りの手違いかと、私は・・・」
「気にするな。その扉を開けなさい」
「囚人、窓まで下がれ。大人しくしていれば怪我をせずにすむ」
また酷い目に合わされる、亜矢は体を震わせ、弱弱しく首をふった。
しかし、

2008081811t.jpg

「後ろに下がれ囚人よ!」
男は繰り返し叫び、ついには業を煮やし鉄格子を開けた。
亜矢は飛び起き、壁際に慌てて逃げた。

2008081809.jpg

「お前・・・見たことがある」

2008081810.jpg

「お前には夢の中で会ったことがある・・・」
そう言った男は、自分は皇帝だと名乗った。

~続く~

第2話>>

---------------------------------------------------
使用Mod

REL - SickleYield's Ankle/Neck/Tail Irons
http://canadianice.ufrealms.net/forum2/index.php?topic=6132.0
Author:SickleYield

手枷・首枷・足枷・尻尾枷(w)を追加します。サンプル↓

2008081812.jpg 2008081813.jpg
2008081814.jpg 2008081815.jpg

・・・何のサンプルだかw

ここにあります。
2008081816.jpg
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

  1. 2008/08/22(金) 22:27:55|
  2. TES Sumner's Tales
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<第2話「暗殺者」 | ホーム | Bad End 1>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumner.blog79.fc2.com/tb.php/31-0b980385
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

最近の記事

カテゴリー

最近の記事

リンク

カウンター

プロフィール

さむな

Author:さむな
頑張れPJ!
Banner
当ブログは映画「The Hobbit」を勝手に応援しております!(・∀・)

Amazon

※Oblivionのパッケージ内容については「エロリビオンをはじめる前に」をご参考にどうぞ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。